海外留学したい人を応援する、
グローバル・グレイス (Global Grace) 公式ブログ
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ワーホリ留学生へ注意勧告

ワーホリ留学生へ注意喚起のお知らせです。

以下、外務省HPより↓
ワーキング・ホリデー制度を利用して海外に渡航される方々が、
事件・事故に遭うケースが大変増えています。
ワーキング・ホリデー査証(ビザ)は、1年という比較的長い滞在期間中に
就学や就業を行いながら国際経験を積むことができる便利な査証制度であり、
これを利用して海外に渡航する若年層の方は年々増えています。
反面、滞在期間が長いこと、他のビザと比べて行動の幅が広いことなどから、
短期の海外旅行と比べ、トラブルに遭う機会が必然的に多くなるのが現実です。

強盗、詐欺、麻薬、窃盗・・・
実際にこういったトラブルに遭遇するワーホリ留学生も少なくありません。
最悪の場合、日本へ強制送還などの措置がとられ、
二度とその国に入国できないという厳しい処罰もとられます。

外務省のPDF







ビンラディン殺害で注意喚起

アメリカ時間で5月1日、オバマ大統領は、国際テロ組織・アルカイダ指導者
ウサマ・ビンラディンを米軍がパキスタンで殺害したことを発表しました。

9.11からもうすぐ10年という節目の年。
アメリカが最も追い求めていた男が殺害されました。
アメリカの同盟国(日本も含め)は揃って良いニュースと受け止め、
アメリカ、パキスタン両政府と両軍隊に賛辞を送りました。

一方、この行為に対する“報復テロ”が世界で警戒されています。
アメリカでは、すでに、海外に渡航する全てのアメリカ国民に向けて、
注意喚起をする危険情報を発しています。
今後、アメリカを中心に、欧米権益がテロ攻撃を受ける可能性があります。
これらの地域に渡航される方、または滞在されている方は、
治安情報を入手するように心がけてください。

テロの標的になりやすいとされる【多くの人が集まる場所】、
米国系の有名ホテル、ファーストフード、カフェ、レストラン・・・
観光地、ショッピングセンター、在外公館やターミナルなど。
挙げれば数はキリがありませんが、出来る限り近づかない、
そして近づく場合でも、速やかにその場を離れるなど、
何かあった場合でも自分の身は自分で守ることが大切です。

テロはいつどこで起きるか分かりません。
日本で起きることも予想されますし、個人レベルでは防ぎようがない。
ただ“危機管理”の意識を持っておく事は最低限できること。

万が一に備えて、渡航前には、
●渡航先(都市)の日本大使館・総領事館の場所を確認
●現地の滞在先を家族や友人に報告

外務省の海外安全HP










羽田-バンクーバー線 就航見合わせ

カナダへ行く際に利用する方の多いエア・カナダ (Air Canada)

エア・カナダは、2011年3月5日より就航予定だった
羽田とバンクーバーを結ぶ便の運行を当面見合わせることを正式決定。
事業計画の見直しに伴う需給調整を行った結果だそうです。
しかし、エア・カナダの機体がアップグレードされ、
成田-バンクーバー便、成田-カルガリー便が増席・増便されます。

エア・カナダ







渡航注意⇒北の韓国砲撃で
北朝鮮による韓国・延坪島(ヨンピョンド)への砲撃があり
南北関係は緊張状態となっています。
外務省から※注意喚起が出ていますのでご注意ください。
※海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保する情報

事件を受け、在韓国日本国大使館は、
邦人の方は北方限界線付近に
近付くことのないよう、注意喚起するお知らせを発出しています。
つきましては、韓国に渡航・滞在を予定している方、
及び滞在中の方は、常に最新情報を収集してください。

外務省海外安全ページ

【渡航注意や禁止】は出ておりませんので、今のところ渡航は可能です。
近いですからね、日本人にも行きやすい国。
民主主義の平和な韓国ですが、南北関係を考えると
休戦状態であるということだけは忘れてはいけません。





中国への渡航注意喚起
このところの日中関係の悪化で、中国国内では日本に対する
バッシングやデモが横行しています。

外務省は、現在、中国への渡航注意喚起を出しておりますので、
これから中国へ行かれる方は十分ご注意ください↓

以下、外務省HPの注意喚起より
中国国内では10月16日以降、四川省成都市及び綿陽市、
河南省鄭州市、陝西省西安市、湖北省武漢市において、
それぞれ尖閣諸島に関する日本に対する抗議活動が行われ、
日系スーパーや日本料理店の店舗等において窓ガラスが割られるなどの
被害が生じています。
●外出する際には周囲に格別の注意を払い、大勢の人が集まる場所では特に注意。
●公衆の場での言動や態度に注意する。
●日本人同士で集団で騒ぐ等、目立った刺激的な行為は慎む。
●在中国日本国大使館及び総領事館、外務省海外安全HPをまめにチェック。

外務省海外安全ホームページ

自分の身は自分で守る、という強い意識を持って渡航してください。
日本車を破壊し、日本国旗を焼いて、日本食レストラン襲撃・・・
やはり反日教育ってすさまじいものですね。
そして内政問題から国民の目をそらさせる中国共産党。

ある中国の知識人が、
「自国の内政問題でデモも出来ない民族が、
他国へのデモを行っても何の意味もない」と。

こういう考え方をされる中国人も居るんですね。







カナダ・ビザ申請料が変更
2010年9月13日からカナダのビザ申請料金が変更されました!
※2010年9月13日以降、カナダ大使館査証部で受理する申請書から適用。

【査証申請料金】
A>一時滞在者ビザ (観光・訪問ビザ)

シングル = CA$75.00 または ¥6,150
マルチプル = CA$150.00 または ¥12,300
通過 = 無料
家族料金 = CA$400.00 または ¥32,800 (一人につき)
B> 就学許可証
= CA$125.00 または ¥10,250
C> 就労許可証
一般 = CA$150.00 または ¥12,300

それぞれの査証の詳細や条件、またはその他のビザ(永住など)について、
カナダ査証を申請される方は、必ず↓をご覧ください。
カナダ大使館HP・査証







アメリカ・ESTAが有料化

アメリカのビザなし入国 (観光など)に義務付けられている
電子渡航認証システム(ESTA)。

今年、2010年の9月8日から登録申請有料化されると発表しました。
申請料はUS$14 (約1200円 (2010年8月現在))。

有料化されるということが決まった今年2月時点では、申請料はUS$10。
しかし、その後、ESTAのシステム維持費として+US$4が上乗せされました。
現在では無料ですからね、有料化には賛否両論あります。

2010年3月に、オバマ大統領が<旅行促進法>に署名。
今後、アメリカは観光産業へのプロモーションを積極的に行います。
世界各国から訪米する旅行者で、数千億円の経済効果が見込まれるのです。
経済の立て直しがなかなか進まないアメリカ。
確かに、ESTAが有料化されたからといって、1000円強ですからね、
それでアメリカへの渡航をあきらめる・・という人は少ないはず。
アメリカですから、もちろんビジネスで訪れる人も多いでしょうし。
ESTA有料化、この収入は国にとって非常に大きいです。
維持費を差し引いても、年に数十億とも言われています。

ホワイトハウスは↓
これによって米国の旅行業界が活発化し、業界への支援になり、
多くの雇用を創出できる・・・としています。

これに対し、欧州や各国の旅行関係者は↓
米国国内の旅行促進を目的に有料化するのはおかしい。
観光客を迎えたいのに、有料化するとは矛盾している。

確かに、無料→有料となると批判も出ますね。
でもこれによって少しでもアメリカの景気が上向くのであれば、
今の円高も少しは治まるでしょうか??





デング熱に要注意!

海外からの帰国者にデング熱感染者が急増中。

「聞きなれない病名ですが・・
デング熱はデングウイルスを持つを媒介して感染する病気。

2〜15日の潜伏期間を経て急な発熱が特徴で、40度前後の高熱が
1週間ほど続き、激しい頭痛や関節痛なども伴うもの。
日本国内にデングウイルスを持つ蚊はいないとされていますので、
感染経路は主に海外渡航中・・ということになります。

世界中の25億人が感染するリスクがあり、
毎年約5000万人の患者が発生していると考えられています。

流行がみられるのはアジア、中南米、アフリカなど熱帯・亜熱帯地域
今年は特にインドネシア(バリ島など)からの帰国者に感染が多いとの事
海外で感染して帰国される方が毎年約100人報告されています。

今年に入って、すでに51人の患者が報告され、 インドネシアからの
帰国者においては、合計20人の感染が確認されています。

このウイルスによって人により死亡するケースもあります。
ワクチン・治療薬はないので「蚊に刺されないようにする」事が
唯一できる予防策だといいます。

厚労省もHP上で注意情報を出していますので、
該当地域に行かれる方、留学予定の方はご覧ください。






米国・非移民ビザ申請料が変更

2010年6月4日からアメリカのビザ申請料金が変更されました。

アメリカ大使館によると、米国の非移民ビザの申請料金が$131から、
ビザの種類によっては$140から$390へと変更になります。

2010年6月4日以降の面接より変更後の申請料金を払っている場合のみ受付可能。

申請料金をまだ支払っていない方で、6月3日以前に支払情報番号を
入手している場合、再度入手しPay-easy対応ATMにてお支払いください。
支払情報番号の有効期限は7日間。
すでに旧申請料金$131を支払った方は、
面接当日に、大使館・領事館の会計で、円またはドル(現金のみ)にて
差額の追加料金を支払う必要があります。


アメリカ大使館 非移民ビザ申請







カナダ・ビザ申請料が変更

2010年4月26日からカナダのビザ申請料金が変更されました!
※2010年4月26日以降、カナダ大使館の査証部で受理する申請書から適用。

査証申請料金
A>一時滞在者ビザ (観光・訪問ビザ)

シングル = CA$75.00 又は ¥7,000
マルチプル = CA$150.00 又は ¥14,000
通過 = 無料
家族料金 = CA$400.00 又は ¥37,600(一人につき)

B> 就学許可証
= CA$125.00 又は ¥11,750

C> 就労許可証
一般 = CA$150.00 又は ¥14,000

それぞれの査証の詳細や条件、またはその他のビザ(永住など)について、
カナダ査証を申請される方は、必ず↓をご覧ください。※日本語。
カナダ大使館HP・査証