海外留学したい人を応援する、
グローバル・グレイス (Global Grace) 公式ブログ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Blogも休業します | main | 英国留学フェア2012 >>
オーストラリアの授業料

お久しぶりの更新です。

なんと60日以上更新がないと広告が大きく出てしまうようで、
休業中とはいえ、やはりそこは防ぎたい!そう思った次第でございます。

しかし・・・この記事、、誰も見ていないでしょうね、絶対に。
だいたいお知らせしていないんですから当然です。
こうなったら仕方がないので、誰にも見られていないことを承知で、
それはそれは重要な留学情報を時々UPして参ります。

万が一ですが、読んでくださっている方がいらっしゃいましたら、
大変感謝いたします。ありがとうございます。


今回はオーストラリアの法律が変更になったというお話です。
オーストラリアには留学生保護を目的とした法律(ESOS法)があります。
これは世界でもとても珍しいこと。そして法律改正が行われるのが7月。

改正については細かいことはたくさんあるのですが、
今回は最も留学生に重要と思われる‘授業料’についてお知らせします。
※語学学校の場合のお話です。

これまで語学留学の場合、学校に対して”授業前に学費を一括で支払う”
という規則がありました。短期では問題ないでしょうが、長期の方など、
コース種類や期間によっては一括での支払いが厳しいという問題があり、
オーストラリア留学を断念するケースも見られていました。

しかし7月、この問題が解消される改正が行われ、一般英語コースで、
週24時間以上(1日5時間弱)授業の場合、分割払いが可能となりました。

注意点ですが、ホームスティ費用、入学金、送迎代など、、、
”授業料”以外の部分では、分割払いは適用されません。
が、以前と比べると少しは負担も軽減されるのではないでしょうか?

<前提として>
オーストラリアの語学学校に通う際、学校がCRICOS(連邦政府登録制度
に登録されているかどうかお調べください。(ほとんどは登録されていますが)
CRICOSに登録されていれば、その学校は留学生への教育の提供が
政府によって保証され、きちんとした学校であることの証明となります。

法改正による分割払いの許可は、当然ですがCRICOSに登録されて
いる学校に限って適用されています。(2012年7月1日から施行されています)

ちなみに大学や専門学校などではほとんどの学校で分割払いが
すでに認められておりますのでご安心ください。





スポンサーサイト