海外留学したい人を応援する、
グローバル・グレイス (Global Grace) 公式ブログ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

オーストラリアの授業料

お久しぶりの更新です。

なんと60日以上更新がないと広告が大きく出てしまうようで、
休業中とはいえ、やはりそこは防ぎたい!そう思った次第でございます。

しかし・・・この記事、、誰も見ていないでしょうね、絶対に。
だいたいお知らせしていないんですから当然です。
こうなったら仕方がないので、誰にも見られていないことを承知で、
それはそれは重要な留学情報を時々UPして参ります。

万が一ですが、読んでくださっている方がいらっしゃいましたら、
大変感謝いたします。ありがとうございます。


今回はオーストラリアの法律が変更になったというお話です。
オーストラリアには留学生保護を目的とした法律(ESOS法)があります。
これは世界でもとても珍しいこと。そして法律改正が行われるのが7月。

改正については細かいことはたくさんあるのですが、
今回は最も留学生に重要と思われる‘授業料’についてお知らせします。
※語学学校の場合のお話です。

これまで語学留学の場合、学校に対して”授業前に学費を一括で支払う”
という規則がありました。短期では問題ないでしょうが、長期の方など、
コース種類や期間によっては一括での支払いが厳しいという問題があり、
オーストラリア留学を断念するケースも見られていました。

しかし7月、この問題が解消される改正が行われ、一般英語コースで、
週24時間以上(1日5時間弱)授業の場合、分割払いが可能となりました。

注意点ですが、ホームスティ費用、入学金、送迎代など、、、
”授業料”以外の部分では、分割払いは適用されません。
が、以前と比べると少しは負担も軽減されるのではないでしょうか?

<前提として>
オーストラリアの語学学校に通う際、学校がCRICOS(連邦政府登録制度
に登録されているかどうかお調べください。(ほとんどは登録されていますが)
CRICOSに登録されていれば、その学校は留学生への教育の提供が
政府によって保証され、きちんとした学校であることの証明となります。

法改正による分割払いの許可は、当然ですがCRICOSに登録されて
いる学校に限って適用されています。(2012年7月1日から施行されています)

ちなみに大学や専門学校などではほとんどの学校で分割払いが
すでに認められておりますのでご安心ください。





Keep Exploring

カナダへ留学される方、必見です♪

カナダ観光局の公式サイトはとても魅力的なんです。
大きくきれいな写真と共に、現地の『今』を紹介しています。

もちろんカナダ生活情報だけではなく、
旅行の企画やパッケージツアーの情報も充実しています。
動画もTwitterもあります♪

これから行かれる方はぜひ参考にしてみてください♪
きっと行くのがもっと楽しみになりますよ。

カナダ観光局公式HP
Keep Exploring Canada




メルボルン空港にWelcome Desk

オーストラリア・メルボルン国際空港Welcome Deskが登場!

期間は2011年7月7日〜7月24日まで。
メルボルン国際空港到着口の国際線ターミナルのミーティングポイント付近にて。
下記の情報が入ったインフォメーションキットを無料で配布しています。

- 公共交通機関情報
- メルボルンの地図
- イベントへの招待状
- 仕事情報
- 住宅&宿泊施設情報
- 銀行情報
- 安全&緊急時情報
- 電話&インターネット情報
- ショッピング、グルメ、エンターテイメント情報

メルボルンに夏留学される方は、到着口にあるデスクへ立ち寄ってください!







海外渡航の際の保険加入

海外旅行・海外留学では、必ず保険に加入し渡航してください。

短い滞在期間の場合は海外旅行保険でもOK、
そして中・長期の留学などでは海外留学保険をオススメします。

【長期留学の場合】
日本の保険よりも現地の保険に入る方が何かと便利で金額も安い。
※現地の保険が有効になるまで保険が無いと困ります。
※最低限加入していきましょう。

最近ではビザ申請の際に《海外保険》の加入が義務付けられています。
※特に欧米各国で保険加入が義務化。(日本のものでも現地のものでもOK)

事故や事件に巻き込まれる可能性は日本に居ても海外に居ても同じ。
たとえ万全の注意を払っていても、環境が違う海外では、
思いもよらない健康(体調)の変化が起こる可能性もあります。

実際に、保険に加入していなかった為に、
海外で病気になったり、怪我をしたり、窃盗被害にあった時に、
とんでもない多額の損害を被った方が大勢いるのです。

海外でトラブルに遭うのは不安なこと。
困ったときこそ、日本語サービスやフォローがありがたいです。
治療費、入院費、救急車、通訳などをはじめ、
留学保険では、ホームスティ先での損害にも対応しています。

弊社で特にオススメしている保険会社というのもございません。
但し、あえて言うなら、大手保険会社は海外にネットワークを広く持ち、
フォローもスピーディーで安心感はあるかもしれません。
支払いの段取りも早く、日本語オペレーターも常駐しています。

慣れているから・・・短期間だから・・・自分は大丈夫・・・
“保険”に加入しないで行くと、代償はとても大きいものです
ぜひ保険加入を忘れずに渡航してください。

 




 

在京大使館をご訪問予定の方
地震の影響が多くのところに広がっています。

東日本地域に滞在する外国人、東京に支店を置く外国企業・・・
多くの外国人が東京から、そして日本から撤退しています。
もちろんこれは仕方のないこと。
逆の立場に立てば日本政府もそう注意喚起するでしょう。

東京にある各国大使館一時閉鎖をしているところが多くあります。
業務を一部閉鎖または他都市(大阪、広島など西日本方面)に移行中です。
開いている大使館でも節電対策もあり、業務時間が短縮される事も多いです。
これから海外へ渡航される方も多いでしょうが、大使館側は“通常業務”が
出来ていない所がありますので事前に各大使館HPでご確認ください。

東日本地震の影響で、現在、25カ国の在京大使館が一時閉鎖となっています。

東京にある各国大使館では自国民へのサポート(日本からの出国など)を
優先していますので、緊急でない場合は即座に対応して頂けないこともあります。
ご注意ください。







“エアライン留学” はじめました
“エアライン留学”

グローバル・グレイスのSpecial Package第一弾です。
航空業界を目指す方にご検討していただきたい企画★

場所はオーストラリアのブリスベン。
多くの世界の一流航空会社の社員訓練に使われる本格的な施設で
航空業界で必要とされる研修を受けられるコースです。

短期間(最短で8週間)公的資格が取得できます!
英語で行われるので語学力ももちろんUPします!
入学は毎月第一月曜日。

日本では味わえない、プロフェッショナルな環境で学んでみませんか?
そして・・・夢に向かって一歩踏み出してみませんか?

もうすぐ新学期! 新しいことに挑戦するのに最も適した時期です!
私たちが、精一杯お手伝いさせていただきます

詳しくはコチラまで







EU域外の就労者数制限
最近、英国の連邦政府より、
EU域外の就労者の年間入国者数制限が設けられると発表されました。

英国がビジネスに対して、有能な就労者のみ歓迎するということです。
これは、=英国への移民者数を減らす目的。
2011年4月から施行されることが決まっています。
英政府は学生ビザに関する取り決めも協議する予定だとか。

英国は、欧州の中でも、最も会社の設立・運営が容易な国。
企業の価値や規制、安定した環境、労働力などを管理するため。

●2011-12年に、EU域外から就労目的で英国に入国する人の数を、
 ポイント・ベース・システムのTier 1と2全体で、年間21,700人に制限
●Tier 2の下での制限は20,700人で、最も優れた技能を持つ人が、
 英国に入国できるよう、学位レベルの仕事に絞ります。
などなど・・・・。これから順次、規定が設けられる予定です。

以下、英国大使館HPより↓
海外からの留学生が英国にとって非常に重要であり、彼らの多くが母国に帰った時に英国にとって生涯の友になるということを、私たちは認識しています。世界的に名高い教育制度を持っている英国にとっての、政府の目的は、海外で勉強することを選択している数多くの高等教育の学生が、英国を留学先として選び続けるようにすること。英国にやってくるすべての学生が純粋であり、母国に帰った時に将来の展望を高められるような、誠実な教育機関で学べるようにしたいと思っています。また、濫用を防ぎ、システムを純粋な学生にとってもっと効率的なものにしたいと考えています。「最も優れた人たちに英国へ来てもらうようにしながら、就労のために入国する人の数を制限する上で、これらの変更はとても重要です。学生も教育機関も質の高さを求めたいと思います。私たちとしては、真に英国で勉強したいと望んでいる、適切な資格を有する学生に来てほしいのです。」

最近では、≪留学≫と称して、入国してからテロ活動を行う、不法滞在する、
違法ビジネスに手を染める・・・犯罪行為が各国で報告されています。
英国の法改正は不法労働者や不法滞在、違法ビジネスなどへも効果的。
前提条件を設けて人を選ぶというのも難しいものですが、英国のプライドでしょう、、
この決断は今後、他の国でも広がっていくかもしれませんね。




留学生の今
先日、米国の国際教育研究所が発表した報告書で、
2009年〜2010年度に米国の大学に在籍した中国人留学生数
12万8000人に達し、インドを抜いて1位になりました。
この12万8000人という数字は前年度比で22.9%増!

昨年度まで米国で最も多い留学生の国籍はインド。8年間連続トップ。
世界有数のIT大国に成長したのも、こういった背景があるのでしょう。

ちなみに日本人留学生は5年連続して減少し2万4000人ほど。
中国、インド、韓国、カナダ、台湾、そして日本・・・と続きます。
世界的不況ですが、米国への留学生の数は実は伸びています。
不況だからこそ国際的に活躍できる人材育成に熱心なのかも知れません。

州別では、カリフォルニア州がTOP、次いでニューヨーク州、テキサス州。
もちろん、「留学」すればそれでいいというわけでもありません。

惑星探査機・はやぶさでも分かるように日本の技術力は世界一。
日本にも世界に劣らない素晴らしい大学がたくさんありますから。

小さな島国であるにもかかわらず、トップクラスの経済力を持つ日本。
それはひとえに、戦後のハングリー精神と勤勉さがもたらしたもの。
しかし今、時代は変わりました。
世界が小さくなり、他国との交流なしでは生きていけません。
今は世界を見る意欲が求められています。

最近は、海外に出たがらない若者とか、草食系とか・・・
島国の人間は、生まれながら閉鎖的な面が強いと言われています。
ただ、これから国際的な世界で生きていく若者には特に、
【海外に行く価値は十分にある】ということです。
百聞は一見にしかず・・・

一方で・・・↓ 暗い傾向も。

中国人留学生による≪偽造証書≫問題
大学に入学する際に提出する必要書類の偽造が急増中。
巧妙に作られたニセの成績証明や語学証明を提出する中国人留学生。
実際にドイツでは、中国人留学生が提出した書類の信憑性を
チェックする正式な機関まで出来ているのです。
フランスでも、偽造証書を買い取る留学生が急増。4年間で数百人。
そして語学能力試験でのカンニング行為がエスカレート。。。
中国のネット上では留学身代わり受験が大繁盛しています。

ここまでして・・・これこそ何の意味もありません。
あまりこういうことが広がると、普通の留学生にも悪影響です。
カンニング防止、偽造見破り、筆跡照合・・・
ムダな労力が掛かります。受け入れる側も大変ですね。




野生動物トレーニングコース

オーストラリアでの野生動物保護トレーニングコース (初級)のご案内。

オーストラリア日本野生動物保護教育財団((AJWCEF)は、
オーストラリア連邦政府に正式登録し、クイーンズランド州ブリスベン市に拠点を持ち
非営利の自然環境保護および教育財団としてオーストラリアと日本の国際協力のもと
野生動物保護およびそれに関する教育活動を行っています!


(オーストラリア日本野生動物保護教育財団)

オーストラリア野生動物保護トレーニングコース (初級)
開催期間:2010年3月7日〜21日(15日間) ※3月7日に現地集合(空港から送迎可)
開催場所:オーストラリア連邦 クイーンズランド州
参加人数:12名(トレーニングコースの参加申込はAJWCEF会員を優先)
参加費用:2,890オーストラリアドル
※航空運賃、食材費、自由行動に要する費用は含まれません。

講義内容:
1. オーストラリア野生動物(有袋類、単孔類)の形態
2. 同 基礎解剖
3. 同 生態
4. 同 基礎飼育管理
5. 同 基礎繁殖
6. 野生動物と人の共通感染症の基礎
7. 自然災害の生態系への影響
8. 基礎英語会話

募集は2月1日で締め切り
詳細&お申込み







広がる英語教育/児童英語教師

今、小学校では英語教育が始まっていること、ご存知ですか?

今年(2009年)の3月に文部科学省は、「小学校学習指導要領」を改訂。
2009年4月から、小学校5、6年生で週1コマ【外国語活動】を始めました。
この外国語活動
は、音声を中心に外国語(英語)に慣れ、
コミュニケーションを図ろうとする態度を養うことを目的としています。

日本は同じアジアの中国や韓国に比べ英語教育レベルが低いと言われます。
習う時間は長くても『身につく英語・使える英語』ではなく、
文法中心の指導方法にずっと疑問がもたれていました。

『なぜ日本人は中学〜大学まで勉強しても英語がしゃべれないのか?』
語学の習得において紙の上の勉強は全く意味をなさない!
ということが学習指導要領改訂の動きに繋がったようです。
を中心に英語教育が行われ、今までとは違った方法に変わっています。

ただ、外国語教育に賛否両論あるのも事実↓

日本人ならまずは日本語をきちんと喋れるようになり、
言葉の使い方(敬語などを含め)をマスターしてから
違う国の言葉を学ぶべきだ!という意見も多数あります。
ネットや携帯が中心でコミュニケーション不足が小学生まで広がっている。
そういう環境の中で、日本語もまともに出来ないのに
英語を習わせるなんて!という意見があるのにも納得ですが。


ただ言語の習得は、若いほど上達するのも早い!という事実があります。
幼い時に他言語に耳が慣れていれば、習得率が高い事が証明されています。
これからの子供は今よりもっと国際的な社会に出るわけで、語学力は必要。

今、留学生の間で評判な資格である【児童英語教師】というのがあります。
まさに日本の児童英語教育を担う人材の育成プログラム。

ワーホリ、語学学校で児童英語教師資格を取られる方が多いんです。
日本に帰ってきても認められる資格。
盛んにこのプログラムを提供しているのが、
カナダ、オーストラリア、ニュージーランド。
留学を目指す方、資格を目指している方、
児童英語教師はおススメです!