海外留学したい人を応援する、
グローバル・グレイス (Global Grace) 公式ブログ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

IELTS 奨学金2012

2012年度のIELTS奨学金は、これまでの「北米奨学金」に加えて、
「英国奨学金(Study UK)」が登場、2つの奨学金が設けられました♪

※IELTSは、留学や海外移住の際に必要な英語能力試験。
※世界最大級の受験者数を誇り135ヵ国、約6000の教育・国際・政府機関が採用。

奨学生の募集数はIELTS北米奨学金が5名IELTS Study UK奨学金が3名
奨学金についての詳細は
こちらからダウンロードしてください。(PDF)

応募用紙(Application Form)は↓
               
IELTS 北米奨学金 Application Form (PDF)
IELTS Study UK奨学金 Application Form (PDF)

応募締め切り: 2012年7月2日(月)
応募時にIELTSスコアが必要ですので上記日付前までに受験を済ませて下さい。
お問い合わせ: scholarshipielts@britishcouncil.or.jp


応募の対象者は、
●日本国籍者
●応募時点に日本在住の方
●2012年中に北米(アメリカ/カナダ)か英国の大学・大学院に進学される方
 (2012年7月19日までに進学先からの書面が提示できること)、
●2012年4月~6月16日に日本でIELTSを受験、スコア6.0以上を取得された方

以上すべての項目に当てはまる方が応募可能です!

IELTS奨学金





2012 TOEFL Scholarships

TOEFLからScholarship(奨学金)のお知らせです。

TOEFLは
大学レベルの英語を使用+理解する能力を測定する世界公認の試験。
Listening, Reading, Speaking, Writingの能力を点数で評価。
世界で年2,500万人以上が受験。特に米国・カナダの教育機関に行く方はマスト。

2012年度 TOEFLテストScholarship
概要:大学学部課程または大学院課程の開始予定者を対象に、
US$8,000の奨学金を5名に給付。進学先の国の指定はありません。
※あなたが選んだ大学で学ぶことができます。

TOEFLテストスカラシッププログラムを申請するには、
2012年4月13日(当日消印有効)までに、以下を提出する必要があります。
●TOEFLテストスコアおよび作成した小論文を含む必要事項を記入した申請書
●正式な成績証明書(要厳封)
⇒この時点で入学許可証を提出する必要はありません。


申請資格や申請の手続きなどに関しましては下記サイトをご覧下さい。
下記サイト内で申請書のダウンロードも可能です。
http://www.ets.org/toefl/scholarships/overview/japan/japanese


春までにTOEFLの受験予定のある方は挑戦してみてください♪
TOEFL 日本語サイト






本庄国際奨学財団の海外留学(大学院生)奨学金

財団法人本庄国際奨学財団が2012年度奨学金を募集しています。

この奨学金は、2012年9月1日以降に海外の大学院に留学している
(2012年秋学期・新入学含)日本人が対象。
そのうえで博士過程・修士過程の学位取得を目指している方。
※すでに留学中の方が海外から応募することも可能です。

帰国後は日本での勤務を確約する者で、博士課程は1976年3月31日以降、
修士過程は1981年3月31日以降に生まれた方が対象。

奨学金応募受付期間 2012年2月1日〜2012年4月30日(当日消印有効)

<応募・選考スケジュール>
2012年2月1日〜4月30日: 応募受付期間
2012年6月30日: 一次書類選考結果発表
2012年7月上旬: 二次面接審査 (東京都内で行います)
 ※海外在住の方はskypeなどで面接
2012年7月31日: 最終結果発表
2012年9月以降: 奨学金支給開始

応募方法などはこちら↓
http://www.hisf.or.jp/scholarship/japanese.html




 

オーストリア政府奨学金留学生

2012年度オーストリア政府の給費留学生募集です。

募集人員: 4名
専攻分野: 人文科学、社会科学、自然科学、芸術(音楽専攻は除く)
受入機関: オーストリアの大学、専門大学(Fachhochschule)等
給費期間最高9ヶ月(2012年10月1日〜2013年6月30日、延長申請可)
旅費: 1,460ユーロを上限に実費を支給
奨学金: 大学生、大学院生は月€940/博士号保持者(30歳以上)は月€1,040
授業料: 免除
住居費: オーストリア学術交流局(OeAD)が学生寮・共同住宅を紹介
保険料: 自己負担

応募資格はコチラ↓
日本国籍を有する学生および研究者
年齢が19歳以上35歳以下の者(1976年10月1日以降出生の者)
大学学部の4学期(2年)修了以上の者、または修了見込みの者 (本奨学金応募時)
学業成績が優秀で、教授等2名の推薦を得られる者
大学で学ぶに足る充分なドイツ語能力を有する者(ドイツ語能力証明提出)
●専門大学(Fachhochschule)へ留学希望者は事前に専攻コース受入許可が必要。


応募の締め切りは、2012年2月29日(水曜日) 午後4時 必着


応募書類、出願手続きなどは下記サイトをご覧下さい。
http://www.jasso.go.jp/study_a/scholarships_foreign18.html







ステップアップ in オーストラリア

オーストラリア政府観光局が、留学やワーホリ情報を発信するサイト
「ステップアップ in オーストラリア」を開設しました!

現在サイトのオープンを記念して【短期語学留学 無料モニター】を募集中!
ホームステイをしながら語学学校で学び、海外生活を疑似体験できるモニター。

募集期間:2012年1月12日(木)〜2月11日(土)
応募方法:応募フォームに必要事項をご記入のうえ送信。
締切:2012年2月11日(木)

応募資格 (全てに当てはまる方が対象)
日本在住で日本国籍
●心身ともに健康な18歳〜30歳
オーストラリア政府観光局の「ステップアップinオーストラリア」に関するウェブや
 Facebook、紙媒体およびイベントにおけるプロモーションで体験を報告する
●オーストラリア政府観光局が協力依頼するプロモーション活動での実名の公表
●本人の写った現地で撮影した写真の提供(複数枚)および公表
●学生、会社員といった程度の職業の公表
●提供されない費用の自己負担
●2012年3月31日まで有効なパスポートを持っている
●海外旅行傷害保険への加入
●20歳未満の方は親権者の同意が必要

オーストラリア短期語学留学 無料モニター募集!

抽選で1名様に3月24日〜4月1日までの1週間体験ツアー(語学留学先はNavitas Englishシドニー校)がプレゼントされます。詳しくは下記サイトでご確認下さい。(応募フォームもこちらにあります)

ステップアップ in オーストラリア






Chievening Scholarship from U.K.

Chievening Scholarshipという奨学金があります。

Chievening Scholarship(チーヴニング奨学金とは
新しい時代のリーダー育成を目的とした、英国政府の奨学金制度
英国外務省予算で運営され、英国の大学や企業からも財政支援を受けています。
1983年に始まったこの奨学金は次世代を担うリーダー、世論形成者、
政策決定者に対し、キャリア形成の段階で1年間の英国大学院留学の機会を提供
(英国大使館HPより)

Chevening logo

支給期間: 12ヶ月 ※2012年9月〜(大学院開始日から。支給期間延長は不可)
募集人数: 2名(未定)
支給内容: 授業料(上限£10,000)、滞在費(月£953)、日英往復航空券
※滞在費はロンドンの場合。

対象となる専攻分野:
経済、金融、政策立案、行政(政府調達含)、環境学、気候変動、エネルギー、科学、開発援助、政治、国際関係、防衛、メディア、MBA、政策。(TESOL、芸術は対象外)

応募資格:
⇒ 学士号保有者
⇒ 2年以上の実務経験
⇒ 将来専門分野でリーダー的役割を担う展望がある方
⇒ 留学経験を日本のためにどう活用できるか、具体的な考えをもつ方
⇒ 十分な英語力 (IELTS 6.5以上)
⇒ 日本国籍で日本在住であること
⇒ 学業終了後、日本に帰国すること

申し込み方法: Chevening on-Line Application Systemから申込み。

応募締め切り: 2011年12月31日

詳しくは、チーヴニング奨学金制度をご覧下さい。





Hope for Youth 第2弾

7月26日に、こちらのBlogでお知らせいたしました
『ホープ・プロジェクト (Hope for Youth/Espoir pour la jeunesse) 』
カナダ大使館による奨学金。その第2弾の募集を受け付けています。



対象となるのは、東日本大震災で被災された方
(家族、家、仕事などを失った方、原発事故で避難している方など)で、
15歳以上30歳以下の日本国籍の方。
締め切りは、2011年12月31日。

カナダ留学 Hope for Youth/Espoir pour la jeunesse







 

Vulcanus in Europe

日欧産業協力センター(EU-JAPAN Centre for Industrial Cooperation)が
2012年度の派遣奨学生の募集をしています!

プログラム名は「ヴルカヌス・イン・ヨーロッパ(Vulcanus in Europe)」
毎年、理工系の学生を対象に行われているプログラム。期間は1年。

日本での事前研修があり、現地(EU)での4か月の語学研修と、
その後は8か月のインターンシップが奨学金に含まれています。
また渡航費用(航空券代)も支給されます。
語学も学べて、その上、現地の企業で働く体験までできるという
この奨学金プログラムはかなり良いです★

<応募対象者>
⇒ 理工系学生(理・工・農・IT・薬・建築など)であること
⇒ 応募時点で、日本の大学に通う3〜4年生または大学院生であること
⇒ 日本国籍であること

<派遣期間>2012年4月〜2013年3月
応募締切は、
2011年9月30日(郵送必着)

書類選考後、通過者には2011年10月末(予定)までに結果を通知。
その後、2次、3次に進みます。

奨学金プログラムの詳細・応募




 

ジェームスクック大・奨学生

オーストラリア・クイーンズランド州にあるジェームスクック大学。

ジェームスクック大学がこの度、日本が受けた震災へのサポートとして、
日本人学生に留学費用の一部負担額として奨学金を提供します。
この奨学金申請は、日本で唯一、ジェームスクック大学と
提携するスカラシップ団体・ICCを通じて応募することになります。

【奨学金概要】
● 給付対象: 1名
● 給付額: 5,000オーストラリアドル相当

【申請資格】
● 日本国籍であること
● 2012年の1学期(2月)もしくは2学期(7月)にJCUに入学する学生
● 2012年開始プログラムで、大学から合格通知(条件付合格も可)を取得できること

願書締め切りは、2011年10月20日(木)
奨学金の申込書








 

Hope for Youth 被災地の若者へ

東日本大震災の被災者支援の一環として、カナダ大使館主催
ホープ・プロジェクト(Hope for Youth/Espoir pour la jeunesse)
が発表されました。

奨学金の募集対象は
●15歳以上30歳以下の日本国籍の方
●東日本大震災で被災された方
 (家族、家、仕事などを失った方、原発事故のため避難している方)

奨学金内容は
●カナダまでの往復航空運賃全額(または10万円)
●旅行保険
●留学先の語学学校の授業料・滞在費(または授業料のみ)

人数は
●150名 (申込期間は3回に分け、各回50名に支給)
第1締切:2011年8月31日 
第2締切:2011年12月31日 
第3締切:
2012年3月31日

留学先は
受け入れ校リスト
※語学学校は第3希望まで記入できますが、最終的に大使館がマッチング。

留学期間は、2週間、4週間、8週間など、学校により異なります。
申請書のダウンロード、プログラムの詳細

第1回目の締め切りは、2011年8月31日です!